2012年02月23日

【PEOPLE】ウォンビンという人物


ウォンビン
イケメン御曹司で役を演じれば、がアクターとして変身したことに成る。映画にバカな役で出演し、CMではシン・ミナにキスすることが。チャン・ドンゴンが兄として出ても誰も何とも言わ。MBC「黄金銭漁場〜ヒザ打ち導師〜」に出演すると「ハンサムな顔が」だと堂々と言える。なぜなら、ウォンビンだから。外見ではなく心をさらけ出したかったウォンビンの、約10年間のお話。


チェ・ミンス
映画アクター。
ウォンビンは高校2年生のとき、チェ・ミンス主演の「テロリスト 哀しき男に捧げる挽歌」を見て映画アクターになりたいと思った。その当時についてウォンビンは「しばらく活動したら海外でリフレッシュする有名人が、で一番楽なにた」と話した。ですが、彼はデビュー後「こんなに大変だとは思わなかった。私には簡単勤労の方が向いて」と、芸能界での生活の大変さを語った。実際ウォンビンは一度“レンガ山”を積む度に1500ウォン(約100円)をもらう力をしたことも在る。また、江原通り道(カンウォンド)で生稀た彼は小さい頃、や勉強で忙しい族のために、を一人で過ごした。暇潰しに一人で山に行って薬草を掘り、で販売した程度だ。彼がインタビューやバラエティ番組への出演を必要以上に避ける性格になった理由といえよう。


アンドレ・キム
ファッションデザイナー。
ウォンビンはニューカマーの頃、彼に目を付けられ、ファッションショーに出演することになった。そして、そのファッションショーでウォンビンに話題した企画事務所と専属契約を結び、本格的に顔を知られるように成る。当時ウォンビンは「嫌なことは死ぬ程度殴られてもやら」契約要素を掲げた。普通のニューカマーならそんなことは口にすることさえ許されかもしれが、その当時ウォンビンはに在る洋服の中でなりに好いものを着て、姉が撮ってくれたプロフィールで公募制タレントになり、その後すぐアンドレ・キムと企画事務所のしゃちょさんの目に止まったのだから、誰も何とも言えなかったはずだ。もちろん、普通の人に真似ことでは。


パク・クニョン
KBS「コッチ」でウォンビンと共演したアクター。
当時パク・クニョンはウォンビンに「くらいしかできのか。私の前でやり直せ」とどなりながら、彼の演技力を引き出した。その頃のウォンビンはKBS「プロポーズ」やMBC「レディ・ゴー!」、一連のCMなどで美しいイケメンのとしての雰囲気が付くようになった。といっても、自分のマネージャーに「悪役を一度しっかり演じてみたい」といって「コッチ」を選んだ。作品の前半、いランニングシャツにパンツだけを履いてうろついたミョンテの姿は、アクターとしての新たなのきっかけを作った。映画「マイ・ブラザー」でウォンビンが演じたは、ミョンテの別の姿だといっても過言ではなく、自分の族と世の中に対して反抗的な姿を見せる演技は、映画「ブラザーフッド」にまでつながる。ウォンビンは「町外れの田舎で育ったアウトサイダーのミョンテは私に最も近い人物」と発言した。実際、ウォンビンは「スポーツで汗をかくこと」以外には日ごろなスキンケアもせず、アクセサリーもつけず、うっとうしいからといってネクタイもし。江原通り道の魂と、デビュー当時狎鴎亭(アックジョン)出身だと誤解された外見のユニークな組み合わせで在る。


ユン・ソクホ
ドラマ監督。ウォンビンが出演した「プロポーズ」、KBS「の童話」などを演出した。
ユン・ソクホ監督はウォンビンに初めて会った日、しばらく彼を見つめてうなずき、翌日大きい犬と共に暮らす男の役で「プロポーズ」に出演させた。ウォンビンは江原通り道で犬を飼っていたを生かし、その犬とすぐに仲良くなった。また「の童話」には比較的早くキャスティングが決定し、週2回の演技指導を受けながらを研究した。ウォンビンは後日、「『の童話』のテソクは実際の自分とは超違って、ずっと自分に合わ服を着て演じる感じだった」と言ったが、「の童話」の御曹司のは“演技のイケメン”で在る彼の足場を固めはじめた。ウォンビンは「の童話」以降、イケメン御曹司のを二度と演じることはなかったが、「の童話」で見せた彼のな雰囲気は、CMやなどで続いて。


チャン・ジン
ウォンビンの映画デビュー作「ガン&トークス」を演出した監督。
ウォンビンは「の童話」の以降、同じ役柄を選択するのではなく、少しぼけっとした役を演じることで自分の演技の幅を広げた。によってウォンビンは順調に映画界に進出し、「アクター同士の感情的な交流のも在る」映画の魅力を知って、映画だけに出演して。また、までは共演したアクターたちと親しくなれなかったウォンビンといっても、「ガン&トークス」撮影時には先輩アクターたちとほぼ酒を飲み、酔っ払ってに運ばれるもした。チャン・ジン監督はウォンビンについて「会えば会う程度知りたく成るアクター」とも語った。


チャン・ドンゴン
ウォンビンが「あんなにカッコ好い人と共演出来るとと照れくさい」と語るアクター。
ウォンビンがアンドレ・キムのファッションショーに出演した時に初めて出会い、「レディ・ゴー!」でウォンビンの兄役で出演した。そして彼らは「ブラザーフッド」でまた兄弟として出演し、1千万人以上部のを集めた。ウォンビンは「ブラザーフッド」の撮影後、チャン・ドンゴンについて「映画が終わった後もいつも安否を気遣ってくれて、励ましてくれた。本当にありがたい先輩」だと話した。二人は主に外見を見せ付け作品に出演し、その作品で一定レベル以上部の演技力を認めてもらい、CMで外見の魅力を最大現に発揮する。また、ウォンビンは「コッチ」「の童話」「ガン&トークス」「ブラザーフッド」「母成る」といった主要出演作品で、メインではなく作品の中心から一歩離れて強い印象を与えるを演じた。良い作品を選択する前提で、自由に動ける幅を広げながら作品の全てに責務を取る“トップスター”の負担ではなく、一歩下がることが役を選択した。また「ブラザーフッド」の制作は“より本物の方がさらに好い人”を選ぶで、僅差でチャン・ドンゴンより多い票を獲得した。


シン・ハギュン
「ガン&トークス」と「マイ・ブラザー」で共演したアクター。
ウォンビンと一番仲の良いアクターのうちの一人でも在る。ですが二人は口数が少ことで知られており、車の中で40分間一言も話さずに過ごしたことも在るそうだ。ウォンビンは自ら「有名人は歌なら歌、ダンスならダンス、トークならトークとすべてのに、私は特に誇れるものが」とも言い、「いつも同じばかりされる」と言ってインタビューも避ける程度内気な性格だ。だから彼は韓国で最も強いスター性を持ってと同時に、最も知られていスターでも在る。もですがたら彼は、アクターが“演技”と“雰囲気”だけで生き残ることができた、最後の世代なのかもしれ。


キム・ヘジャ
映画「母成る」にウォンビンの母役として出演した女優。
ウォンビンはポン・ジュノ監督とキム・ヘジャが制作した「母成る」で軍除隊後、復帰にしたと同時に自分のアクター人生における新たな転機を作った。「ガン&トークス」の少々とぼけたように見える純粋な末っ子役を通じて、ウォンビンの外見を従来の一般的な方とは違うで利用し、「コッチ」と「マイ・ブラザー」の反抗的はウォンビンの外見をさらに素敵に見せるものとなった。そして「ブラザーフッド」ではこの両面を共にみせてくれた。その反面、「母成る」でウォンビンが演じたトジュンは、実のところハンサムな人でなくても演じられるだ。また、知能の足りトジュンのは、ウォンビンのその顔を、何も知らからこそ何でも有力な殺人容疑者の顔に変えた。

「母成る」のウォンビンは、自分の外見が与える雰囲気を多様なでさせてきた。一方で「母成る」はウォンビンの外見を越えて、彼がアクターとして完全に作品の中のをどう解釈するかにかかっていた作品だった。自分の外見と関係なく過ごした子供時代、外見が売りになっていたデビュー時代、外見とは違う面を活かしてきたトップスター時代を経て、ウォンビンはイケメン“アクター”時代に入りつつ在るのかもしれ。ウォンビンの顔にしわが一つ、二つ増える頃には、望み通りに「アクターより劇中のがクローズされる役者」になれるのではか。でも普段通りハンサムだろうが。すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
参照
【第6弾】ウォンビン主演「アジョシ」DVDや特別商品をプレゼント!をフォロー&RTパク・フィスン、ウォンビンに変身?「2012年の『アジョシ』の主人公は僕!」ウォンビン、ファッショングラビアを公開「のカリスマ」


http://news.livedoor.com/article/detail/6303984/
※このの著作権は配信元に帰属します








pbwhy311さん

有名人方って 何故堀越学園高校が 多いんでしょうか また偏差値は高い高校でしょうか また事務所の勧めで堀越学園に行くタレントが多いんでしょうか ゜





ベお店ンサーに選ばれた回答


akbsinnzannmonoさん


堀越学園はTRAITコース(旧芸能活動コース)や体育コースなど、全日通学が困難なビッグネーム人やスポーツ選手などに対応したカリキュラムを設置して特殊な高校なんです
通常の進学コースは試験で入り偏差値も関係する普通高校けど
TRAITコースや体育コースには偏差値は関係 芸能活動やがば入学でき単位が取得特殊な高校なんです
芸能活動して学校に通えタレントでも高校卒業の資格がもらえる高校です
堀越以外にも芸能活動に協力的な高校には日出高校や明大中野などの高校もがその中で堀越がだけです



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1257688402
※このの著作権は配信元に帰属します


国生さゆりがオセロ中島にエール「みんな待ってる」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120223-00000024-sph-ent
posted by あき at 01:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。